知っておけば得をする車検の費用について!

意外とお金がかかる車検

車を所有するとお金がかかると言いますが、車の修理などを除けば、車検が1番お金ぎかかります。車検は、車を所有している以上、必ず受けなければならないものですので、車検にかかる費用は、ある程度は覚悟しておかなければなりません。車検にかかる費用は、法定費用と車検費用に分かれています。法定費用とは、法律で決まっている、必ず払わなければならない費用のことです。一方で、車検費用は、業者が決めている費用になります。

車検にかかる費用は一体どれくらい?

車検にかかる費用はどれくらいでしょうか。それなりにお金がかかるものになりますので、いくらかかるのかを知っておきたいところです。まず、法定費用ですが、軽自動車の場合にはおよそ3万円になります。普通自動車の場合は、およそ4万円から6万円ぐらいまで幅があるのが特徴になります。車検費用は、車検をする会社によって異なりますが、およそ2万円から4万円の間ぐらいになります。業者によって費用が安くなるとすれば、車検費用の部分が安くなるだけです。

どうしたら車検が安くなるのか

車検費用が安くなるとしても、どこに行ったら車検費用が安くなるのでしょうか。車検を受けられるところは、ディーラーや民間整備工場、フランチャイズの車検店、カー用品店など様々なものがあります。基本的に、ディーラーに頼む場合は、あらゆる車検の中で1番高くなります。ただし、かなり丁寧の車検をしてくれるため、安心でしょう。どうしても金額を重視するならば、カー用品店を利用すれば、ディーラーに比べて2万円ぐらいは安くなります。

ディーラーで行う車検は、格安事業者に対して安心感が違います。特に自社の車に関しては、設備・技術・ノウハウどれをとっても最高のレベルです。